プロフィール
choco①

名前 : チョコ
性別 : 女の子
お誕生日 : 2011年 2月 11日
好きな事 : へやんぽ
              ほりほり
嫌いな事 : だっこ
得意技 : 全力うさキック

いたずらざかりの、ちょっとビビリでキュートなお転婆さん


coco①

名前 : ココ
性別 : 女の子
お誕生日 : 2009年 4月 3日
好きな事 : へやんぽ
              狭い所に入ること
              わるさ全般
嫌いな事 : ブラッシングと爪切り

わがままお嬢様から、最近大人の落着き ぶりを見せてきた、
カメラ目線が得意な 偏食グルメ。



image2
Author : らびったー
チョコとココのお世話係兼
本ブログの主。
ペレットあれこれ
ペレットの繊維質や脂肪分を自分なりに比較して表にしてみました。
お野菜&果物いろいろ比較
うさちゃんにあげてる野菜や果物、偏っていませんか? 野菜や果物の栄養素を自分なりに比較してみました。
かじり防止対策(ケージ編)
かじり防止対策(お部屋編)
らびったー流グルーミング
「らびったー流 うさぎさんのブラッシング方法」ですが、 あくまで、個人的なやり方であるこを予めご了承ください。
これイイよ
”らびったー”が実際に体験したり使ったりして「おっ!コレなかなかいいぞ。」と思ったものをご紹介させて頂くコーナーです。
ERL Supporters Club
みんなでERLを盛り上げよう♪
エンジョイラビットライフ
うさぎ作家さんのリンク
当ブログでご紹介させて頂いた皆様のページです。
イベントスケジュール
Helpful Site
American Rabbit Breeders Association

National Mini Rex Rabbit club

Nippon Rabbit Club

Yokohama Bay Rabbit Club

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもありがとうございます。
この記事をお気に入りいただけましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ      ブログランキングならblogram

お野菜&果物あれこれ

[うさぎフード] ブログ村キーワード

こんばんは。
”らびったー”です。

愛うさちゃんに、副食としてお野菜や果物をあげる時があると思うんですが、
たまに、コレはOK or Not???
(コレってあげていいの?それともあげない方がいい?)
というように思われたことがないでしょうか?

飼育書や様々な情報源によって、その線引きってなかなか難しいくないですか?
繊維質やビタミン、シュウ酸やカルシウム・・・。
それぞれの野菜によって一長一短ありますよね・・・。

中にはうさちゃんにとっては与えると危険なモノもあります。
”らびったー”も疑わしきものはあげないようにしています。


今日は、House rabbit Society様のHPで、
ふと目にした記事がちょっと気になったので、ご紹介したく思い、
うちのうさぎさんに和訳にトライしてもらいました。

<ココちゃん>
ヒト言葉に訳すのは難しいでしゅからね・・・。
出来るかどうかわかんないけど、やってみるね。
henshin+Camera1_convert2_20131115164542d6f.jpg 

続きを読まれる前に
㊟ たどたどしい和訳となっておりますので、
きちんと訳せていない所もあるかと思いますが、予めご了承ください。

㊟記事後半に「うさちゃんにあげていい野菜と果物」のリストが出て参りますが、
日本ではあげない方が良い、とされる野菜がリストに載っている場合がございます。(リスト中に赤字で表示)
また、ハーブ類など、与える際は注意が必要とされるものも載っていますことを予めご理解の上お読み願います。

所変われば、うさちゃんに関する概念なども変わってきてしかりと存じます。
ですので、あくまで、お野菜選びの際の参考として捉えていただきたく存じます。
実際にご自身の愛うさくちゃんにお野菜や果物をあげる際は、
飼い主様の責任のもと固体に即したものをセレクトし、
固体に即した適量をあげるようにしてください。 



以下、
House rabbit Society home>diet>
~Apr 12, 2012 by HRS~
Suggested Vegetables and Fruits for a Rabbit Diet
(うさぎのdiet(食事)のために提案(推奨)された野菜や果物) より和訳引用

世界中の野生のウサギは、多種多様な植物材料をうまく消費してます。
様々な種類の乾燥もしくはフレッシュな草(牧草)や葉をもつ植物は
野生のウサギの食事(diet)のもっとも大きな部分を構成します。
うさぎは、ごくわずかに木の樹皮、柔らかい小枝やスプラウト、
果物や種子、他の栄養価の高い食材を食べるでしょう。
私達のハウスラビットのための健康的な食事(health diet)とは何か
ということを
決めるとき、これらのこと知ることが重要です

ハウスラビットの食事(diet)の大半は、ビタミンAとDと同様、
カルシウムタンパク質などの栄養素が豊富な牧草(干し草・glass hay)で
構成されるべきです。牧草を食べることは健康な歯消化管を促進し、
あなたのウサギはいつでも牧草を食べられる状況でなければなりません。
牧草の種類を変えたり牧草を混ぜたり、変化をもたせることは素晴らしいアイデアです。
(ティモシーやオーチャード、broom等のように)
平均的なハウスラビットが必要とする以上に、高いタンパク質、高カロリーという事実をもとに、
アルファルファを主に与えることを避けてください。
アルファルファは干し草(牧草)(glass)というよりむしろマメ科植物エンドウ豆豆の仲間) (in the pea and bean family)です。
Fresh food(生の食材)はまた、あなたのウサギの食事の重要な一部であり、
それら(fresh food)は、あなたの友人を豊かにするのと同様、
異なるテクスチャーや異なる味わいとして追加の栄養素を供給してくれるでしょう。
Fresh Food(生の食材)はまた、食事の中でより多くの水分を供給してくれ、
腎臓と膀胱機能良いでしょう。
Fresh Food(生の食材)の大部分(与える際)は葉物野菜(生の食材(fresh)のうちの約75%) で構成されなければなりません。
どんな緑の葉っぱも、人や馬が口にして安全なように、
(葉物野菜を)消費するうさぎにとっても安全でなくてはなりません。
2ポンド(約908g)の体重のうさぎに対して、与えるおおよの量は
一日に1カップの野菜か、複数の食事に分けて与えます。

多くの植物は野生で植物を守るマイルドな毒素であるアルカロイドと呼ばれる
天然に存在する化学物質が含まれています。
(その中で)うさぎについて最も語られるもののうちの一つがシュウ酸で、
それは、少量消費される分には、動物または人間にとって完全に無害です。
それぞれの植物の中のシュウ酸の量は、植物の年齢や時期、
植物が成長した土の組成を含む、いくつかの要因のために大きく異なる可能性があります。
多くの場合、シュウ酸食品として関与しているケール
実際にはシュウ酸が非常に低いことに注意してください
シュウ酸の毒性は、科学物質の高い餌とともに摂られると、
皮膚や口、時間をかけて腎臓への損傷させ、痛みにつながります。

これらの食品には
栄養価があり、
あなたが
それらを適切に与えるのであれば、食事から外す必要はありません
一日に少なくとも3種類の野菜をあげることを勧めます。
そのうち一つは、記のリストのグループからが相応しい
毎週毎週同じ野菜ばかり与えつづけるのではなく、混ぜてあげてください。
もし今週、パセリをあげたとしたら、来週はパセリ意外の何か違うものを用意してあげてください。
野菜をローテーションすることで、あなたのウサギの食事の味わいやテクスチャーに
バラエティをもたらしたり、一般的な栄養をもたらしたりするでしょう。
一部の人々は野菜から沢山のビタミンAを摂取する必要があるのかと懸念しています。
上述したように、牧草はビタミンAが豊富ですので、
野菜のビタミンAの含有量に特別に関心をもつ必要はありません。
ちょとした情報として、ケールは大部分の葉野菜の中でビタミンAがとても豊富です。 
ビタミンに関して、ウサギは人間とは違ってウサギは彼らの食事を通じて
ビタミンCを自ら
の体作ります
(皆さんも)濃い緑の葉野菜は柑橘系の果物より
重量あたりのビタミンCを多く持っていることをご存知のことと思います。


一部の人々は、ブロッコリーのように
にとって胃腸(GI)ガスを引き起こす食品を与えることを懸念しています
ウサギの消化管は、人間のものと同じでなく、
人間にとってガスを生じる原因となる食品の多くは、ウサギにガスを引き起こしません。
ウサギ消化管に大混乱を起こす食品の最も一般的なタイプは、
でんぷんや糖質が高いものです。なぜなら、(それらは)盲腸pHに変化を引き起こし
最終的にはシステム全体をオフにさせることができるから
結果、重いGI病につながります。
いかなる種類の豆類(豆、エンドウ、その他)の粒でも不適切に与えられると、
ウサギのGIの問題を引き起こすことで言うまでもまりません。
澱粉質の根野菜や果物でさえ、糖度の過剰供給が問題になる可能性があり、
食事のごくごく一部として供給されるべきかと。

また、ブロッコーやキャベツの仲間で、
人間に甲状腺腫を誘発するような野菜について議論がありました。
うさぎのある研究では、これらの野菜を膨大な量を与えて続けても、
血液中に異常をきたすには、もっぱら数週間かかると示されました。

葉物野菜のほかにブロッコリーやカリフラワーのような
”つぼみ”や根菜類のような野菜をあげることができます。
これらの野菜はデンプン質や糖分がより高い場合が多いので、
葉物野菜より少ない量をあげるべきです。
ニラ、ネギのような玉葱の仲間、これらの食品を食べると、
血液異常を引き起こす可能性があるため避けるように。
"他の野菜(非葉物野菜)”の適量は一度の食事で、体重2ポンド(約908g)あたり
テーブルスプン1杯(小さじ1杯)もしくは、2~3回に分けてあげることです。

果物も少しだけあげることができます。
野生で果物は一年のうちごく限られた時にしか得られない特別な高カロリーな食材だと思います。
果物はトレーニングのご褒美にも成り得ます。
食生活の中の果物(ご褒美)の部分で、果物のかけらを直接手であげることで、
あなたのウサギとの緊密な絆を深めていく一環となり、
また日々のウサギの食欲を確かめることもできるでしょう。
それは、毎朝うさぎが楽しみにしている果物を(うさぎが)持っていくかどうかで、
うさぎの気分がいいかどうか観察するのに、とてもいい方法です。
もし、ウサギがご馳走(果物)を欲しがらないようであれば、かかりつけの獣医にcall(を呼ぶ)する時です。

ドライフルーツは生の3倍濃縮しているので、
生のものより少なくあげないといけないということを覚えておいてください。
多くの動物同様、ウサギもこのようなハイカロリー、高糖度のものや
でんぷん質が多いものに自然と惹かれてしまいます。
これは野生では、いつ食事にありつけるか分からないという時の保護措置です。
(自然界で)植物が実を結ぶ時、それはごく限られた時期で
そのエリアにいる動物全てがその宝石(結実した果物)を口にしたがっています。
これはウサギが糖分やデンプン質の食事を与えられた時、
自分の意志で制御できなくなる(我慢 できなくなる)ことを意味します。
果物の摂りすぎは体重増加や胃腸の不調につながることがありますので、
限られた量を、どれだけあげるのかは、あなた次第です。
ウサギを飼う上で果物を与える適量は概算で、
一日に一度(一食)、体重2ポンド(約908g)に対しテースプン一杯、もしくは分けて与えてください。

重要 : Fresh Food(生の食材)をウサギに導入する前に、
あなたのウサギが少なくとも2週間牧草を食べ続けていることがベストです。
牧草は新しい食べ物をより簡単に受け入れられるようにするために、
消化管の運動性を高め、腸内菌を整えるのに役立ちます。
ウサギの食事に新しいFesh food(生の食材)を導入する際は、 
消化管と全ての微生物がアジャストできるようにゆっくり行う(導入していく)ことがベストです。
一つの新しい食材を導入するのに、3日おきにして動向に目を光らせてください。(監視してください)。
このメソッド(方法で)を導入してみて、牧草を主食にしているウサギにとって、
稀に問題が起こる場合もありますが、数日間に渡って軟便をしたら、
食事からその食材を外しましょう。
あなたのうさぎが正常に食べていた時の食材のリストをキープし、
次に買い物に行く際はそのリストをもとに購入するようにしてください。


あげていい食材のリスト

(注)可能な限り全ての食材において有機農産物を購入することが望ましいです。
もし、タンポポの葉のように野生の植物を収集する場合は
無農薬のエリアのものであることを確認してください。
モノに関係なく全てのFresh food(生の食材)は、あなたのうさぎに与える前に
洗ったり、スクラブ(hard vegetables硬い野菜の場合)すべきです。 
 
葉物野菜
これらの食材は、あなたのうさぎの食事のfresh food(生の食材)の割合一日あたり体重2ポンド(約908g)当たり1カップ程度のうち75%が葉物野菜で占めている必要があります。(野菜1カップのうちの75%は葉物野菜であるということ)
葉物野菜 (シュウ酸を含むため、ローテーションする必要があり、一日につき三種類、そのうちの一種類はこのリストのものであるべきだと思います)

・Parsley (パセリ)
・Spinach (ホウレンソウ???) 
・Mustard greens (からし菜)
・Beet greens (ビートグリーン)
・Swiss chard (ふだん草)
・Radish tops  (大根葉)
・Sprouts (from 1 to 6 days after sprouting, sprouts have higher levels of alkaloids)
(スプラウト・発芽1〜6、スプラウトは高レベルのアルカロイドを持っている)


Leafy Greens II (low in oxalic acid) 

・葉物野菜Ⅱ(低シュウ酸)

・Arugula (ルッコラ)
・Carrot tops (人参葉)
・Cucumber leaves (キュウリの葉)
・Endive (エンダイブ)
・Ecarole (???)
・Frisee Lettuce (フリゼレタス)
・Kale (all types) (ケール・全種)
・Mache (マーシュ???)
・Red or green lettuce (レッドもしくはグリーンレタス)
・Romaine lettuce (ロメインレタス)
・Spring greens (スプリンググリーン?)
・Turnip greens (カブ菜)
・Dandelion greens (タンポポ葉)
・Mint (any variety) (ミント各種)
・Basil (any variety) (バジル各種)
・Watercress (クレソン)
・Wheatgrass (ウィート)
・Chicory (チコリ)
・Raspberry leaves (ラズベリーの葉)
・Cilantro (コリアンダー)
・Radicchio (ラデッキオ)
・Bok Choy (チンゲン菜)
・Fennel (the leafy tops as well as the base)・Borage leaves・Dill leaves・Yu choy
(フェンネル :トップス同様ベース•Borage leaves (ボリジの葉)
•Dill leaves (ディルの葉)
•Yu choy (ゆう菜)


非葉野菜
これらは野菜をあげる量のうちの約15%
(一日あたり体重の2ポンド(約908g)当たり約カップ1杯の野菜のうち)
それ以上は無いはず。

•Carrots (人参)
•Broccoli (leaves and stems) (ブロッコリーの葉や茎)
•Edible flowers (roses, nasturtiums, pansies, hibiscus)
(食用の花:バラ、キンレンカ、パンジー、ハイビスカス???)
•Celery (セロリ)
•Bell peppers (any color) (ベルトウガラシの特定のカラーのもの)
•Chinese pea pods (the flat kind without large peas)
中国のエンドウ豆の鞘なしフラット一種)
•Brussel sprouts (ブリュッセルスプラウト)
•Cabbage (any type) (キャベツ 各種)
•Broccolini (???)
•Summer squash (サマースカッシュ)
•Zucchini squash (ズッキーニスカッシュ)

果物
これらは、食事の10%以下(一日に体重2ポンド(908g)当たり約テースプン一杯)でなくてはなりません。
(注) オーガニックの場合は、より栄養価のあるフルーツの皮を残して、それ以外(オーガニック以外)の場合は徹底的に洗うように。もし、フルーツの産地(source)に疑問があり、果皮の中の科学物質が気になるようであれば皮をむいてください。)

•Apple (any variety, without stem and seeds)
(リンゴ・各種・種及び果柄なし)

•Cherries (any variety, without the pits)
(さくらんぼ各種・穴(pit)がないもの)

•Pear (梨)

•Peach (桃)
•Plum (without the pits)
(プラム・穴(pit)がないもの)

•Kiwi (キウイ)
•Papaya (パパイヤ)
•Mango (マンゴー
•Berries (any type) (ベリー各種)
•Berries (uncooked) (ベリー・生)
•Pineapple (remove skin) (皮を取り除いたパイナップル)
•Banana (remove peel; no more than about 2 1/8 inch slices a day for a 5 lb rabbit…they LOVE this!)
(皮をむいたバナナ)
(うさぎはバナナ大好きです。体重5ポンド(約2270g)のうさぎに対し一日に2 1/8インチ以下)

•Melons (any – can include peel and seeds)
(メロン・何でもー皮と種を含め)

•Star Fruit (スターフルーツ)

•Apricot  (あんず)
•Currants (すぐり)
•Nectarine (ネクタリン)


スーザンA、ブラウン DVM
Sherman helps himself to the veggies.



<らびったー>
ほうれん草など、国内であげないほうが良いとよく聞く野菜や、
ハーブ類など与える際は注意が必要とされるものも
上のHRSさんのリストには載ってますが、

この内容は情報の一つと捉えて頂き、
実際にご自身の愛うさちゃんにお野菜や果物をあげる際は、
飼い主様の責任のもと固体に即したものをセレクトし、
固体に即した適量をあげるようにしてくださいね。


牧草をしっかり食べてもらって何事もバランス良くということが大切ってことですね。
みんなで元気に冬を乗り越えられるように頑張りましょう!

<ココより>
いっぱい食べ過ぎちゃって、こんなウサちゃん⇩にならないでね
henshinCamera5_201311151656421b7.jpg 

長くなりましたが、最期までお付き合い下さり、ありがとうございました。

いつもありがとうございます。
この記事をお気に入りいただけましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ      ブログランキングならblogram

THEME:ウサギの日記 | GENRE:ペット | TAGS:

COMMENT

(^_^)

参考になりました!ありがとうございます(^_^)

永久保存版に!しましょうよ(^_^)

さすが!らびったーさん!

No title

最後までじっくり拝読しました。
これだけ訳されるの大変だったんじゃないですか?
お疲れ様です。
勉強になりました。(^^)

すごい(=´∀`ノノ゙☆パチパチパチ

らびったー先生 ありがとうございましたi-179
この記事かかれるのすごく疲れたんじゃないですか?
お疲れ様でしたm(_ _)m
素敵な講義を受けられて ありがたいですi-237
チョコちゃん ココちゃんも お疲れ様でした~i-178  

No title

うわあ~!
さすがはらびったーさん!!

こちらの記事、よろしければコピー&プリントアウト
させていただいても、よろしいですか?
ぜひぜひお願いいたします~!!

文中の、Ecarole と Mache は、キャベツの仲間ですね。
フランス料理とかに使われるもので、日本ではあまり流通していないかな~^^;
ほうれん草も、もしかすると外国のものは
シュウ酸が少ないのかも。
あちらは生で食べたりしますものね。
日本でも、サラダほうれん草とかありますが
まあ、疑わしきはなんとやらですね^^;

あとは、メロンの種はだいじょうぶですが
りんごの種、ぶどうの種など
果物の種には毒を含むものもあるので
与えてはいけない、みたいです。
うさぎさんの飼育書には、あまり書かれていませんが
鳥さん界では、よく言われています。

それにしても、すごい!!
すばらしいです!らびったーさん!!^^

いちごココちゃん、かわいい~❤

No title

らびったーさんすごい!(@_@;)
とっても参考になりました。ありがとうございました。
座布団10枚ですよ~~!!
らびったーさん、お笑い仲間だと思っていたのに、その賢さ!
今までの態度、大変失礼しました~(ToT)/~~~

No title

わ~ココちゃん凄い!!
和訳に挑戦ね♪たくさんのマイクの前での
発表は緊張したでしょう(*^m^*)

らびったーさん、とっても勉強になりました
ありがとうございます♪
私、英語は中学でちんぷんかんぷんで
放棄したので尊敬しちゃいます☆

No title

らびったーさん、すごく丁寧な和訳、ありがとうございました。
数日間に分けて読ませていただきました。

すごく為になるものですね。
今後もし、またうさぎさんと一緒に暮らすことがあれば、参考にさせて頂きますね。

それにしてもこれだけの長文、本当に大変だったでしょ?
お疲れ様でしたe-466

Re: (^_^)

Re : シオンパパさんへ

ありがとうございます!
外国のうさちゃん事情ってどうなのかな~って、ふと思いまして、HRSさんのHPのぞいて見たら、結構ボリューミーなんですけど参考になることも沢山あったので、また色々読んでみて機会があればまたご紹介しますね。

Re: kirikaさんへ

Re : kirikaさんへ

長くなっちゃいましたが、最期までお付き合い下さってありがとうございます。
ところ変われば認識や捉え方も変わると思いますが、一つの情報としてはいいかと思いまして・・・。
HRSのHP、少しのぞいただけなんですが、色々と勉強になることも結構沢山あって、
またじっくり読んで見て、機会があればご紹介したいなと思います。

Re: すごい(=´∀`ノノ゙☆パチパチパチ

Re : リューネさんへ

ふとしたことがきっかけで、HRSさんのHPにたどり付きまして、ちょっとのぞいて見たんです。
ボリューム満載なんで、まだ少ししか拝見していないのですが、色々勉強になることがもっともっとありそうです。またじっくりおじゃましてみて、機会があればご紹介したいなと思います。

Re: りおんさんへ

Re : りおんさんへ

きちんと訳せているかどうか分かりませんが、宜しければP-outしてくださいね。
鳥さん界では果物の種には毒が含まれるものがあるって有名なんですね!
貴重な情報ありがとうございます。らびったーも少し視野を広げて勉強しなくちゃ!

Re: さわさわっさんへ

Re : さわさわっさんへ

えっ?座布団10枚も頂けるんですか?ホンマに~!めっちゃ嬉しい~!
さわさわっさん、らびったーも、お笑い仲間ですよ~。
珍しいことしちゃったもんだから、大雨降っちゃったらゴメンよ~。

Re: エンヤさんへ

Re : エンヤさんへ

<ココより>
そうなの~、マイクの前じゃちょっと緊張しちゃったわ!
お顔がちょっとひきつってたかしら?
ヒト言葉って難しいわね、しかも日本語、らびったーの無茶振りにはかないましぇんわ!
ご褒美奮発してもらわなくっちゃでしゅわ~

Re: もふもふさんへ

Re : もふもふさんへ

長い記事を最期まで読んでくださってありがとうございます。
色んな所に目を向けてみるもんだな~、勉強になることが沢山あるな~ってつくづく思いました。
勿論、所変われば考え方や捉え方も違うと思いますが、それはそれ。
あげちゃいけないものは何故あげちゃいけないのか、そこを知ることも大切だと思います。
果物の種には毒が含まれることがあるというのも、鳥さん界では結構有名らしいです。
そう言う意味では、すこし視野を広げて見るのも大切かも・・・。そんな風にも思いました。
いずれにしても、日々しっかりうさちゃんを観察して学ぶことが大切ってことですよね!

EDIT COMMENT

非公開コメント

My Album
アクセスカウンター
ブログ内の記事から探す
Calendar
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

↓↓ 応援してね ↓↓

ブログランキングに参加しています。 チョコ&ココの応援よろしくお願いします。↓↓
にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村


ミニレッキスブログランキング

ブログランキングならblogram
このブログをお気に入りに追加
QRコード
QR
アンケート
My Favorite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。