FC2ブログ
プロフィール
choco①

名前 : チョコ
性別 : 女の子
お誕生日 : 2011年 2月 11日
好きな事 : へやんぽ
              ほりほり
嫌いな事 : だっこ
得意技 : 全力うさキック

いたずらざかりの、ちょっとビビリでキュートなお転婆さん


coco①

名前 : ココ
性別 : 女の子
お誕生日 : 2009年 4月 3日
好きな事 : へやんぽ
              狭い所に入ること
              わるさ全般
嫌いな事 : ブラッシングと爪切り

わがままお嬢様から、最近大人の落着き ぶりを見せてきた、
カメラ目線が得意な 偏食グルメ。



image2
Author : らびったー
チョコとココのお世話係兼
本ブログの主。
ペレットあれこれ
ペレットの繊維質や脂肪分を自分なりに比較して表にしてみました。
お野菜&果物いろいろ比較
うさちゃんにあげてる野菜や果物、偏っていませんか? 野菜や果物の栄養素を自分なりに比較してみました。
かじり防止対策(ケージ編)
かじり防止対策(お部屋編)
らびったー流グルーミング
「らびったー流 うさぎさんのブラッシング方法」ですが、 あくまで、個人的なやり方であるこを予めご了承ください。
これイイよ
”らびったー”が実際に体験したり使ったりして「おっ!コレなかなかいいぞ。」と思ったものをご紹介させて頂くコーナーです。
ERL Supporters Club
みんなでERLを盛り上げよう♪
エンジョイラビットライフ
うさぎ作家さんのリンク
当ブログでご紹介させて頂いた皆様のページです。
イベントスケジュール
Helpful Site
American Rabbit Breeders Association

National Mini Rex Rabbit club

Nippon Rabbit Club

Yokohama Bay Rabbit Club

食滞(うっ滞)注意報

[うさぎの病気] ブログ村キーワード

こんにちは。
”らびったー”です。

※映像注意(今回の記事には、うさぎさんのウンピの写真が掲載されてます)

うさぎさんと暮らし始めて4年チョイ
初めて 「食滞」を経験しました。 
 実はここ数日、「チョコちゃん」食滞と戦っております。
お陰様で二番刈りにも口を付け始め、食欲も徐々に回復傾向にあります。
本調子まであと一歩かな・・・。というところです。

ウサゾーンの温度もいつも通り24℃だし、
牧草もペレットもしっかり食べてたのに、
突然でした。

この季節、いつ何が起こるやもしれません。
皆様の愛うさちゃんも、体調を崩されませんように
どうかご用心くださいませ。

また、ここぞという時に与える牧草
(いい意味で嗜好性の高い牧草や、2番、3番といった柔らか目のものなど)
を準備しておくことも一つの手かと思います。

夜間救急は見つけていらっしゃいますか?
かかりつけの動物病院の休診日などの確認はとれていますか?
万が一かかりつけの病院が休診日だった時に
診て下さる別の動物病院は確保できていますか?

備えあれば憂いなし・・・。

うちは温度管理にも気を配ってるし牧草もしっかり食べてるし大丈夫・・・。
と思っていても、突然お腹の調子を崩すことだってあるかもしれません・・・。

あれ?何かいつもと様子が違うな?
と思う節があれば迷わず病院に連れて行ってあげてください。

早期発見、早期対処が肝心
です。


うさぎさんの小さいサインを見逃さないように
そして
初動が肝心 

レントゲンを撮って、胃腸の動きをよくする注射をしてもらって帰宅。
初めてのシリンジでのお薬投与。

少しでも早く治ってほしい・・・。
ただただ、そう願うばかりです・・・。

少量の小さいウンピ (写真左)が、不揃いながらも、だいぶ回復してきました(写真右)
P1070551_convert.jpg  P1070555_convert.jpg

7/21の朝の様子
P7210451_convert.jpg 

7/21夜の様子。
P7210453_convert.jpg 

同じく7/21夜の様子。
P7210454_convert.jpg 

コメントのお返事が遅れてしまってごめんなさいね。
チョコが完全復活するまで、コメントのお返しに少しお時間くださいね。


いつもありがとうございます。
この記事をお気に入りいただけましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ      ブログランキングならblogram

スポンサーサイト



THEME:ウサギの日記 | GENRE:ペット | TAGS:

避妊手術についてのインフォームドコンセントを開始しました。

こんにちは。
”らびったー”です。

<ココちゃん>
最初に
今日の記事は文字が多くなっちゃいますが、大切な案件についてなのでご了承ください。
P1010075_convert_20120717174518_20120927022826.jpg  

また、避妊手術について、へ~こんな風に思ってはるうさ飼いさんもおるんや~
というように、あくまで、イチうさ飼いさんとしてのわたくし”らびったー”の個人的な見解として捉えてくださいね。 

余りにも文字文字し過ぎたため、絵文字を使用することを予めご了承ください。
 
また、今回、動物病院のお医者様にお伺いした内容も記載しますが、獣医師様それぞれの見解、飼い主様それぞれの見解がございますので、この記事の内容が全てだというようには捉えないで、あくまで参考程度とご理解ください。


避妊(去勢)手術の必要性については賛否両論あると思います。
現在、わが家では2羽のうさちゃんと暮らしているんですが、両方とも女の子です。
正直、避妊手術については非常に悩んでいます。


ただ悩んでいるだけでは答えは見えてこないと思い、定期検診も兼ねてかかりつけの動物病院避妊手術について色々お伺いしてきました。

勿論、大切なペットの治療方針を決定するのも、実際にお薬をあげたりするのも飼い主自らです。
ココちゃんも、チョコちゃんも家族の一員ですから、今回のように重大な案件のジャッジを見出すために、家族全員で病院へお話を聞きに行きました。

まず最初に、タイトルにもありますが、
インフォームドコンセントとはなんぞやってとこですが、

インフォームドコンセントとは
医師が治療を開始する前に、これから始める治療内容について飼い主に「なぜこの治療が必要なのか(手術の内容や投薬、リスクなど)」「どのくらいの期間がかかるのか」「この治療をする ことによる効果はどういったものか」「治療にかかる費用」等を、わかりやすく説明をし、その上で飼い主から同意を得て治療方針を決定していくことです。


獣医さんに色んな質問をしてみました。

Q1) 避妊手術そのものにについて

A1)
現実問題として、エキゾチックアニマルを診療できる医師が少ないが故、犬や猫避妊手術のようにうさぎ避妊手術に関してはまだまだ定着しておらず、うさぎの飼い主さん達に避妊手術というものに対して余計不安に思わせる要因ともなっているのではないでしょうか。

女の子のうさぎさんにおいては、子宮がらみの病気の発症率がかなり高いと言われています。しかし、子宮の病気にならないで兎生(人生)を全うされるうさぎさんもいらっしゃいます。

また、避妊手術の必要性については飼い主さんによって賛否両論あります。
(うさ暮らNo45の該当ページを見せながらお話しして下さいました)
例えば、避妊手術が必要とおっしゃってる飼い主さんの中には、先代うさちゃんが子宮の病気になった経験をお持ちの方もいらっしゃり、次の子に、もう先代うさちゃんのような苦しみをしてほしくないという思いから避妊手術はしておいたほうがいいとおっしゃってる方もいらっしゃいます。

うさぎさんは病気を隠すのが非常に上手なので、病気が発覚した時点ではかなり病状が進行している場合が多いです。
病状が進行すればするほど、勿論、手術自体の難易度もあがり、うさちゃん自体も病状が進行し、体力が奪われているので当然手術のリスクもあがってきます。
 
わんちゃんの場合は、予防接種などで来院される時が必然的にやってきます。その時に医師がわんちゃんの病気に気づくことが出来たり、進行する初期段階で発見することが可能ですが、うさぎさんの場合は予防接種があるわけではなく、既に病気になってから来院されることが殆どで定期検診は完全に飼い主さん次第というところも早期発見、早期治療になかなか結び付かないということも事実です。従って、来院された時にはかなり病状が進行し、悪化している場合が多いんです。
その場合、(例えば転移している場合など)言うまでもなく手術は難しいものとなります。

<らびったー>
要はどの段階でリスクをとるかということですね。

Q2)
先程、女の子のうさぎさんにおいては、子宮がらみの病気の発症率が高いとおっしゃいましたが、どの位の発症率ですか

A2)
(お医者様用の分厚い辞典のようなものと、うさぎ専門病院の斉藤先生の文献を見せながら説明して下さいました)
正確には何%と答えることはできませんが、この文献によると60%程と言われています。また、斉藤先生の文献によると、仮にうさぎさんの寿命が10年だとしたら、10年のうちで、ほぼ全ての女の子のうさちゃんが、何らかの形で子宮がらみの病気にかかるのではないかといっても過言ではないと言われています。
私の(かかりつけのお医者様の)経験測でも避妊手術をしていないうさちゃんで、子宮がらみの病気になるうさぎさんは、かなり多いと思います。


Q3) どのようなリスクがありますか?

A3)
まず、麻酔についてですが、これは獣医師さんによってどの麻酔を使うかにもよりますが、よほどの事がない限りは大丈夫だと思います。ただし、ここで大丈夫とお聞きになると完全に安心と思われるかもしてませんが、あくまで100%大丈夫と確約できるわけではありません。不測の事態もありうるということです。

A3)
手術中に不測の事態が起こった場合、うさぎさんに関しては、犬猫ちゃんほど沢山の救命方法がないというリスクもあります。
(犬猫においては様々な病状の術例もあり、術例数自体も多い=救命方法も多く報告され、確立されている。それに比べ、うさぎの様々な疾病の術例はまだまだは少なく、現段階では救命措置の方法も限られている)

Q4) うさぎの避妊手術の難易度は手術の中では難易度が高いのですか?
また、ココちゃんのような小柄なうさぎさんでも大丈夫ですか?

A4)
年齢やその子自体の体力は別として、小柄だから弱いというよりかは、技術的には、体格そのものが関係します。
例えば、ハムスターの避妊手術をする場合もあるのですが、単純に患者さんの大きさといった面で比較すると、ハムスターに比べるとうさぎの方が体格が大きいので、勿論体格が大きい方が血管の太さや臓器自体の大きさも大きいので、
ハムスター<うさぎ<犬というように体格が大きい方が手術する側としてはやり易いのは事実です。

また、年齢的なことに関してですが、ココちゃんはまだ3歳。仮にうさぎさんの寿命が8歳としてもまだまだ半分もいってないのでどちらかと言うとまだお若い部類に入ります。

ただ、何をもって難易度とするのかが非常に難しいのですが、
病気が進行してから行う手術と、健康なうちに将来起こりうる病気を予防するための手術とを比較すると、勿論、後者の方がリスクも難易度も小さいと言えるのは確かです。
(お話の途中で、また分厚い文献で、実際にどの部分を切除するのか、また、子宮の病気が進行した時の肥大化した子宮の写真なども見せてくださり、色々と説明して下さいました。)

また、うさぎさんを沢山診ていらっしゃって、経験豊富な医師の方が勿論いいですね。


Q5) もし避妊手術をすることになったら時のだんどりを教えてください。

A5)
手術当日の午前の診療時間中にうさぎさんを連れて来てください。
午後に手術を行って、術後よほどぐったりしているなどの変化がない限り、夕方にお迎えに来てあげてください。

<らびったー>
えっ?その日のうちに連れて来てその日の午後に手術して即日退院ですか?(かなり驚きながら聞きました)

<お医者様>
驚かれるかもしれませんが、術後、お預かりすることも可能ですが、当院ではおすすめはしていません。
なぜなら、うさぎさんは環境の変化にとても敏感です。
術後、入院して、病院という所でお家と環境が変わることで逆にストレスとなって食欲が低下するなどして悪影響をもたらすことが危惧されますので、住み慣れた環境下の方がうさぎさんにとってリスクが少ないと考えます。
お家に戻られてから、10日後に抜糸しに来てください。

<らびったー>
えっ?お家に帰ってから切開したお腹を縫った糸を噛み切ったりしないんですか?

<お医者様>
当院では糸を噛み切られたケースはあまりないですね。
当院ではエリザベスカラーをお迎え時にお渡ししています。神経質なうさちゃんであまりにも傷口を気にされるようでしたら、お家でエリザベスカラーをつけてあげてください。

<らびったー>
えっ?退院時にエリザベスカラーってつけないんですか?

<お医者様>
逆にエリザベスカラーをつけることでうさちゃんのストレスとなって悪影響を及ぼすこともあります。(ご飯が食べにくい。カンカンあたる。単純にじゃまだ等がストレスを引き起こす可能性がある)


Q6) 自宅療養中の投薬について

A6)
シリンジで抗生物質を強制給餌してください。

<らびったー>
シリンジで強制給餌する練習もしとかんなあかんな・・・。

<お医者様>
勿論、強制給餌で抗生物質が与えられない場合は、当院までつれてきて頂いてお薬を注射することも可能ですが、毎日通院することがうさちゃんに負担となったり、ストレスを引き起こす要因にもなり得ます。

Q7) 完治後の変化について

A7) 
避妊手術をしたうさちゃんは、食欲が増す子が多いですから、食事の量など含めしっかり体重管理してあげてください。


Q8) 最期に料金はどの位になりますか?

<らびったー>
お医者様からは勿論、手術自体の金額を提示頂きましたが、料金体系につきましては、病院や立地条件などの地域性など様々な理由により、時に大幅に異なる場合もあると思いますので、あえてブログ上では明確な金額を記載するのは止めさせて頂きますことをご了承ください。

例えるならば、3DSのLLが二つ買えるくらいの金額でしょうか・・・。

あと、術後落ちつくまで(少なくとも抜糸まで10日は必要なので)当然看病しないといけないので、休みの都合をつける必要があります。(これは自分のことなので、どうとでも出来るはず。)
色々お伺いしましたが、今の時点でスパッと決断できない自分がいます。
何が引っかかっているのか・・・。
何に躊躇しているのか・・・。
別にお医者様の腕を信じていないわけでもないし・・・。

とにかく、家族でもよく話し合い、納得がいった上で結論を出したいと思います。
納得がいくまでしっかり質問して、必要ならセカンドオピニオンも取り入れたいと思います。

勿論、病院に質問に行くのですから、治療を必要としているペットさんを優先して頂きたいので、順番は一番あとまわしにしてもらいます。今回もそうしましたが、閉院時間をとっくに過ぎているにも関わらず、丁寧にご説明くださいました。すごくいいお医者様だと思います。診察時も万一の危険に備えて、床に座ってうさぎを抱っこして触診してくださいます。

勿論処置が必要な時はしかるべき場所でしかるべき方法で処置されると思いますが、今回の検診では二人とも以上なしでした。(よかった~。今回のココちゃんの偏食も歯が悪いわけではなく、やっぱり只の嗜好の変化みたいです。)



長々とスイマセン。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

最期になりましたが、画像がない記事もあれなんで、昨日の秋コレファッションショーの番外編の写真をどうぞ・・・

<ココちゃん>
『いいお帽子をみちゅけまちた』
P1030154_convert_20121011052034.jpg 

『うふふ~ウッディーになっちゃった~』
P1030155_convert_20121011052106.jpg 

『ズコーって、それ俺の帽子、しかも俺が本物のウッディーさ』
P1030153_convert_20121011052003.jpg

では、皆様、今日も一日頑張りましょう







いつもありがとうございます。
この記事をお気に入りいただけましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ      ブログランキングならblogram

THEME:ウサギの日記 | GENRE:ペット | TAGS:

いざという時に備えて(動物病院編 Part2)

おはようございます。 そろそろジョッギングを再開しないと、マジでヤバイ”らびったー”です。

<らびったー>
『おっと、ココちゃん、また、浮かない顔してどしたの
P1010253_convert_20120720181500.jpg 

<ココちゃん>
『twitterとかでね、ジッペイちゃんの悲しいお知らせ聞いちゃってサ・・・
『色んな意見はあると思うけど・・・』
『大切なことは、命の重みってことじゃないかな・・・』


<チョコちゃん>
『確かに。。。』
P1010875_convert_20120814182446.jpg 

<らびったー>
『お迎えすると決めた時点で色んな覚悟が必要だね。』
『お迎えする子を一生のパートナーとする覚悟ができて、無事お迎えすることが出来たら、万一に備えることも大切だよ。』


いざという時に備えて動物病院編)の記事で動物病院についてとりあげましたが、今回は、”らびったー”がイチうさ飼いさんとして個人的に、エキゾチックアニマルについて熱いハートを感じた動物病院様のHPやブログをご紹介したいと思います。

<北海道>
中川郡幕別町にある動物病院。HP内にエキゾチックペットについて、よくある病気や治療方法のページがあり、エキゾチックアニマル対するハートが伝わってきます。また、エキゾチックペット研究会においても、フェレットの後腹膜奇形腫の症例を発表されているようです。
あかしや動物病院



<宮城県>
仙台市の動物病院。小動物のための病院として2005年に開院されたようです。エキゾチックペット研究会においても斜頸を呈するウサギの神経疾患について発表されているようです。ペットホテルあり。こちらの病院の患者さんにかぎり、宿泊OKのようです。
アイリス動物病院



<富山県>
高岡市にある動物病院。ホームドクターかつ、1.5次医療を目指しておられるようです。
アレス動物医療センター

<長野県>
安曇野市にある動物病院。トップページの写真からも、エキゾチックアニマルに対する情熱がうかがえます。インフォームドコンセントにも力を入れておられるようです。エキゾチックペット研究会においても、診断に苦慮した口腔内悪性腫瘍のフェレットの症例を発表されているようです。
リーフ動物病院


<東京都>

北区にある動物病院。斉藤動物病院の分院となる、うさぎ専門の病院。スタッフ紹介のページで紹介されている福浦先生も、ウサ飼いさんのようです。エキゾチックペット研究会においても、斉藤久美子先生がウサギの症例を発表されているようです。
斉藤動物病院 / 斉藤ラビットクリニック


豊島区にある動物病院。エキゾッチックアニマル専門の動物病院。エキゾチックペット研究会においても、モルモットの症例を発表されているようです。
みわエキゾッチック動物病院



大田区にある動物病院。うさぎの専門外来を設けていらっしゃいます。院長のブログ、森羅万象 でも、エキゾチックアニマルの症例を記事にされています。また、エキゾチックペット研究会においても、ウサギの大動脈弁狭窄症の症例など発表されているようです。
田園調布動物病院



東京都葛飾区柴又のうさぎと鳥・小動物専門の動物病院。田園調布病院の姉妹病院。
バニー・グラス うさぎと鳥・小動物の専門病院


江東区にある動物病院。病院のマークもうさちゃんです。HP内に症例紹介のページがあり、うさちゃんがよくなる病気の症例が分かりやすく掲載されています。
LUNAペットクリニック


<神奈川県>

横浜市緑区にある動物病院。2011年6月に開院された、鳥と小動物、犬猫の病院。
バーズ動物病院


川崎市多摩区にある動物病院。HP内に診療カルテというページがあり、うさぎの診療カルテのコーナーでは、うさぎの性やかかりやすい病気や歯のこと、検便、尿のことなど、とても分かりやすく説明されています。
オダガワ動物病院



<千葉県>
白井市にある動物病院。インフォームドコンセントに力をいれていらっしゃるようです。HP内の病気と健康というページでうさぎの歯や食べ物、お腹、熱中症や子宮の病気についてわkりやすく記載されています。
ラパン動物病院


船橋市にある動物病院。HP内にうさぎのよくある病気のページでは、画像なども掲載されていて、わかりやすく説明されています。
あおぞら動物病院


<栃木県>
宇都宮市にある動物病院。HP内に症例のページがあり、不正咬合や子宮ガンについて、画像掲載とともに、説明されています。また、同様に、”手術中の様子”のページで手術の様子が紹介されています。
アンドレ動物病院



愛知県>
豊川市にある動物病院。エキゾチックアニマル専門の獣医師がいらっしゃるようです。
きらら動物病院


小牧市にある動物病院。特にフェレットに力をいれておられるようです。HP内には、うさぎの病気について分かりやすく記載されているページがあります。
おおはし動物病院


豊橋市にある動物病院。HP内の病気と健康のページで、うさぎの去勢、避妊手術のことや、強制給仕について掲載されています。また、エキゾチックペット研究会においても、ウサギノ横隔膜ヘルニアの症例を発表されているようです。
ハート動物クリニック


名古屋市西区にある動物病院。HP内にエキゾチックアニマルのページがあり、うさぎやフェレットなどがよくなる病気について記載されており、エキゾチックアニマルにも力をいれていらっしゃることが伝わってきます。
コスモス動物病院



<大阪府>  

 鶴見区にある病院。HPにはうさぎの飼い方が分かりやすく掲載されており、エキゾチックアニマルも含め全てのすべての動物をファミリーアニマルとして同様に扱い、そしてその動物にあった最適な医療が行えることを目標とされています。
クウ動物病院 横堤本院


豊中市にある病院。生き物が本来持っている生命力=ホメオパシー療法を取り入れていらっしゃいます。HP内の動物達のケアのページでは、うさぎのみならず、フェレット、チンチラ、リス、ハムちゃん、鳥などエキゾチックアニマルに関する注意事項や特性が記されています。
ナイル動物病院


堺市にある動物病院。HP内には、「小動物の診療」のページがあり、エキゾチックアニマルの代表的な病気について記されています。
かすみヶ丘動物病院


東大阪市にある動物病院。エキゾチックアニマル専門病院ではないようですが、HP内に「小動物の診療案内」もきちんと記されており、小動物に対しても、できるだけのことをしてあげたいという気持ちが伝わってきます。
ぱんだ動物病院


ネオベッツは開業獣医師が出資し、運営する会社だそいうです。東成区にある高度動物医療と夜間救急を担う病院
ネオペッツVRセンター(高度動物医療) / ERセンター(夜間急急)


箕面市にある夜間救急動物病院。
北摂夜間救急動物病院




<京都府>
 
上京区にある動物病院。インフォームドコンセントに力を入れておられ、エキゾチックペット科の診療も可能なようです。
メイプル動物病院


山科区にある動物病院。インフォームドコンセントにも力をいれておられます。病気にさせないための予防が大切と考えておられ、飼い主さんとの絆をとても大切にされています。ペットホテルもあり、ここの動物病院の患者さんなら、うさちゃんの宿泊また、フードの栄養学にも力を注いでおられます。
なかさか動物病院


久御山町にある夜間救急動物病院。
南京都夜間動物診療所


<奈良県>

三郷町にある動物病院。インフォームドコンセントを重視されています。ペットホテルあり。うさちゃんの宿泊
シンシアペットクリニック


奈良市にある動物病院。遠方からも来院されている患者さんもいるようです。小鳥・ウサギ・ハムスター・モルモット・チンチラ・フェレット、爬虫類も診てくれるようです。(おサルさん不可。毒をもつ小動物不可) 
小鳥と小動物の病院


<兵庫県>

神戸市にある動物病院。HP内でスタッフ紹介のページで、エキゾチックアニマルに関心の高い先生方が紹介されています。
また、院長先生はエキゾチックペット研究会の監事もされているようです。
北須磨動物病院


神戸市灘区にある動物病院。HP内にエキゾチックアニマルの診察のページがあり、セカンドオピニオンにも応じていらっしゃいます。エキゾチックペット研究会でハリネズミの子宮内膜間質ポリープの症例も発表されています。
フォーゲル動物病院


神戸市西区にある動物病院。HP内で、院内の様子や診療の流れが丁寧に説明されています。ペットホテルあり。うさちゃんの宿泊
モデナ動物病院


芦屋市にある動物病院。 院長先生も、うさ飼いさんのようなので、飼い主さんの気持ちも、うさちゃんのこともよく汲み取ってくださりそうですね。
マール動物診療所



<鳥取県>

鳥取市にある動物病院。
加藤動物病院ブログ でも、うさぎの歯科疾患やその他エキゾチックアニマルの症例も紹介されています。また、エキゾチックペット研究会でも子宮内より多量の出血を認めたハリネズミの症例を発表されているようす。
加藤動物病院



<熊本県>

熊本市中央区にある、日本でも数少ない、うさぎ専門の動物病院。

うさぎの病院


熊本市中央区にある動物病院。エキゾチックペット研究会で非定型抗酸菌感染がみられたウサギや硬性鏡を利用したウサギの気管内挿管の症例も発表されているようです。
水前寺公園ペットクリニック



他にもエキゾチックアニマルに熱いハートをお持ちの動物病院様、先生方が多数いらしゃることと思います。しかしながら、私たちウサ飼いさんはじめ、エキゾチックペット飼育者からすると、エキゾチックペットを診療してくださる病院は、まだまだ少ないと感じているのが現状ではないでしょうか。
エキゾチックアニマルを診てくださる病院が、もっともっと沢山増えることを切に願いまして、本日のブログをくくらせて頂きます。

最後まで、お付き合いくださり、ありがとうございました。



いつもありがとうございます。
この記事をお気に入りいただけましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ      ブログランキングならblogram

THEME:ウサギの日記 | GENRE:ペット | TAGS:

いざという時に備えて(動物病院編)

おはようございます。
オリンピックTV観戦で寝不足”らびったー”です。

今日は「ハット(帽子)の日」です。・・・確かに、今日は8月10日ですものね~

今日の誕生花は「ハイビスカス」
花言葉は「繊細な美しさ」だそうです。


<らびったー>
『難しいテーマ、も3日目に突入しました。』

『今日のテーマは、ズバリ、いざという時の動物病院についてです。』

なんで動物病院がテーマかっていうとね、昔、”らびったー”も、ウサ飼いさん初心者の頃、動物病院について、苦い思い出があるからです。

お迎え前に動物病院の下調べはしてたつもりでした。でも、それは間違った下調べだったんです。だから、同じ間違いはしてほしくないんです・・・

まだココちゃんをお迎えして、間もないころ、いざ、受診って時に病院に電話したら、うさぎは診れますが、ココちゃんは幼なすぎて、診れませんって返答されること数件・・・

色んな病院に電話ました、時間ばかりが過ぎていきます・・・たらいまわしかよってホントむかつきましたが、落ち着いて考えてみれば、ココちゃんの幼さまで計算に入れて探しておくべきでした・・・

普通の動物病院の中には、うさちゃんを診れない病院だってあるんです・・・だから、これからうさちゃんをお迎えしようとする方には、特に同じ間違いをしてほしくないんです。


『皆さんは、愛うさちゃんを診てくれる動物病院を見つけていらっしゃいますか?』

<ココちゃん>
 

『らびったー、そんなの読者の皆さんにお伺いするまでもなく、YESに決まってるでしょ~』


<らびったー>
『じゃさっ、質問を変えるね!』

『皆さんは、何件、愛うさちゃんを診てくれる動物病院を見つけていらっしゃいますか?』


<チョコちゃん>
P1010254_convert_20120720123554.jpg
『そんなのお家の近くに1件、かかりつけのお医者さんがいれば十分に決まってましゅ・・・』



<らびったー>
『病院嫌だからって・・・甘いよ、チョコちゃん・・・』

『今日のテーマをもう一度思い浮かべてみて


<チョコちゃん>
いざという時に備えてって書いてありましゅね・・・』
P1010453_convert_20120730011115.jpg 
『それは、どう言う意味でしゅか


<らびったー>
『これは、あくまで、イチうさ飼いさんとしての意見として聞いてね・・・』

『らびったー的には、下の3つのパターンの病院を探しておくべきだと思ってるの。』


かかりつけの動物病院さん

かかりつけのお医者さんが休診の際に応急的に診てもらう動物病院さん(この動物病院さんはセカンドオピニオンとしての役割も果たします。)

夜間診察してくれる救急病院さん



<ココちゃん>
P1010472_convert_20120725180819.jpg 
『ねぇ、らびったー、セカンドオピニオンって何

<らびったー>

セカンドオピニオンっていうのはね、例えば、緊急時以外の場合で、重大な決断を下さないといけない時に、最初に診てもらった病院以外のお医者様に2番目の意見としての見解を伺い比較検討することだよ。』

『ここで、重要なのは、緊急時以外ってことだよ。つまり、今すぐに手術しないと助からないって時に、ちょっと違うお医者さんにも聞いてきますなんて言ってらんないでしょ。』

『例えば、今は投薬することで凌げるけれど、いずれは手術した方がいいんじゃないっていう場合なんかは、本当に手術すべきか、はたまた、他の手段を選ぶかって時とか・・・避妊や去勢手術についてのインフォームドコンセント(治療方針について、医師から十分説明を受けて医師と治療を受ける者の両者で治療方針を決定していくこと。説明を受けた上で治療を拒否することもインフォームド・コンセントに含まれるます)など・・・


<ココちゃん>
『3つのタイプの病院を探しておけばいいことは分かったけど、どうやって探せばいいの

<らびったー>
『獣医師の分野には大動物臨床系(牛や馬など家畜を診る分野)小動物臨床系(いわゆるペットを診る分野)の2つのタイプがあるよ。』


『小動物臨床系って聞くと私たちは、小鳥やうさちゃん、ハムちゃんなんかの比較的小さい動物を思い浮かべるけど、獣医師の世界じゃ、ワンちゃんや、ネコちゃんのことを言うみたい・・・』


<ココちゃん>
『じゃ、私たちは、どのお医者さんに診てもらえばいいの
P1010567_convert_20120730160311.jpg 


<らびったー>
『いい質問だね』

『犬猫以外のペットは、小動物臨床系の中ではエキゾチックアニマルって呼ばれるみたいだよ。』



<チョコちゃん>
『ふ~ん、じゃ、街中にある動物病院どこでもいいってわけじゃなく、エキゾチックアニマルに力を入れているお医者さんを探せばいいんだ

P1010059_convert_20120717174026.jpg


<らびったー>
『そうだね。』

あとは、選ぶのは飼い主さん自らであり、判断するのも飼い主さん自らです。

重要なのは、早期発見、早期処置。

うさちゃんの一番近くにいるのは、飼い主さんです。
真っ先にうさちゃんの変化に気づいてあげられるのも飼い主さんです。

下痢をしてからじゃ、遅すぎることもあります。

うさちゃんの心の声に耳を傾けてあげて。


いち早く気づいてあげましょう。

では、お盆休みの皆様は、ごゆるりと~エンジョイしてくださいね~
お仕事の皆さんは、今日も一日はりきっていきましょ~

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


いつもありがとうございます。
この記事をお気に入りいただけましたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ      ブログランキングならblogram

THEME:ウサギの日記 | GENRE:ペット | TAGS:
My Album
アクセスカウンター
ブログ内の記事から探す
Calendar
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

↓↓ 応援してね ↓↓

ブログランキングに参加しています。 チョコ&ココの応援よろしくお願いします。↓↓
にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村


ミニレッキスブログランキング

ブログランキングならblogram
このブログをお気に入りに追加
QRコード
QR
アンケート
My Favorite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: